α Plaza スペシャルイベント 瞳AF体験 モデル撮影会

SONY α9 +SONY Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA (SEL35F14Z) モデル:志幸佳さん

 

カメラは α7 III3が台用意されており自前SDカードを差し込み撮影したファイルは持ち帰ることができる。私は自前のα9で撮り始める。1人の持ち時間はMaxで10分までだ。レンズが35mmなのでもっとモデルさんに寄りたかったのだが、他のお客さんも撮っているのでこの距離になった。瞳AF機能をシャッターボタンに割り当ててもらわないと歩留まりが悪そうだ。

 

SONY α7 III + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

 

こちら2枚は試写用の α7 IIIになる、前のお客さんが変な設定にしていたため、失敗写真が95%程度出来上がっていた。αシリーズはISO感度の設定が大きなホイールボタンに触ると変わりやすく注意が必要だ!途中で気づき直したが綺麗に撮れた写真は少なかった。( ;∀;) 係の人はこの辺は要注意だろう!ボタン一つでデフォルト設定に戻ればよいが、そんなものはない。まだAutoで撮った方がマシだろう。

 

SONY α9 +SONY Distagon T* FE 35mm F1.4 ZA (SEL35F14Z) モデル:仁科トモミさん

 

SONY α7 III + FE 28-70mm F3.5-5.6 OSS

 

全体的に写りは甘かった。それでもα7 IIIはα7RIIIと同じくシャッターボタンに瞳AFが効くらしい。試機には設定されていなかったのが残念! あと単焦点の明るいレンズと組み合わせれば下剋上参上と言ったところ。SONYはモデルさんのクオリティが高い、それだけ α7 IIIには力を入れている証拠だろう。 α9もシャッターボタンにgive me 瞳AF! ( ;∀;)

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL